1. トップ
  2. ジャーナル
  3. 和文ジャーナル

ジャーナル

和文ジャーナル既発行論文誌

(事務局での在庫状況についてはこちらををご覧ください)

  • 『リスク管理・保険とヘッジ(ジャフィー・ジャーナル:金融工学と市場計量分析)』

    日本金融・証券計量・工学学会編集
    出版社:朝倉書店
    発売日:2017/03/25
    ISBN:ISBN978-4-254-29026-4 C3050
    定価:3,672円(税込)


  • 『ファイナンスにおける 数値計算手法の新展開(ジャフィー・ジャーナル:金融工学と市場計量分析)』

    日本金融・証券計量・工学学会編集
    出版社:朝倉書店
    発売日:2016/03/10
    ISBN:ISBN978-4-254-29025-7 C3350
    定価:3,672円(税込)


  • 『ファイナンスとデータ解析 (ジャフィー・ジャーナル:金融工学と市場計量分析)』

    日本金融・証券計量・工学学会編集
    出版社:朝倉書店
    発売日:2015/03/25
    ISBN:978-4-254-29024-0 C3050
    定価:4,968円(税込)


  • 『リスクマネジメント (ジャフィー・ジャーナル:金融工学と市場計量分析)』

    日本金融・証券計量・工学学会編集
    出版社:朝倉書店
    発売日:2014/04/20
    ISBN:978-4-254-29022-6 C3050
    定価:4,104円(税込)


  • 『実証ファイナンスとクオンツ運用(ジャフィー・ジャーナル:金融工学と市場計量分析)』

    日本金融・証券計量・工学学会編集
    出版社:朝倉書店
    発売日:2013/04/10
    ISBN:978-4-254-29020-2 C3050
    定価:4,200円(税込)


  • 『市場構造分析と新たな資産運用手法 (ジャフィー・ジャーナル:金融工学と市場計量分析)』

    日本金融・証券計量・工学学会編集
    出版社:朝倉書店
    発売日:2012/03/30
    ISBN:978-4-254-29018-9 C3050
    定価:3,780円(税込)


  • 『バリュエーション (ジャフィー・ジャーナル:金融工学と市場計量分析)』

    日本金融・証券計量・工学学会編集
    出版社:朝倉書店
    発売日:2011/04/15


  • 『定量的信用リスク評価とその応用 (ジャフィー・ジャーナル:金融工学と市場計量分析)』

    編:津田 博史、中妻 照雄、山田 雄二
    出版社:朝倉書店
    発売日:2010/03/30


  • 『ベイズ統計学とファイナンス―ジャフィー・ジャーナル 金融工学と市場計量分析』

    編:津田 博史、山田 雄二、中妻 照雄
    出版社:朝倉書店
    発売日:2009/03/15


  • 『非流動性資産の価格付とリアルオプション』

    編:津田 博史、中妻 照雄、 山田 雄二
    出版社:朝倉書店
    発売日:2008/03/15
    環境政策、無形資産評価、資源開発事業評価、気温リスク・スワップ、気温オプション、風力デリバティブ、多期間最適ポートフォリオ、拡張Mertonモデル、レジームスイッチング 環境政策、無形資産評価、資源開発事業評価、気温リスク・スワップ、気温オプション、風力デリバティブ、多期間最適ポートフォリオ、拡張Mertonモデル、レジームスイッチング


  • 『金融工学と証券市場の計量分析』

    編:池田 昌幸、津田 博史
    出版社:東洋経済新報社
    発売日:2006/08/03
    「社債価格モデルによる信用リスク情報の推定」「取引システムが価格形成に与える影響の分析」など最先端の7論文を収録。


  • 『金融工学と資本市場の計量分析』

    編:高橋 一、池田 昌幸
    出版社:東洋経済新報社
    発売日:2003/06/05
    ファイナンス理論、計量経済学、ORなどの理論を集成して、金融工学の最先端を修めた。実務家にもアカデミックにも有用な6本の論文を掲載。金融工学の先端的問題を分析・展開。資産ポートフォリオ、銀行統合、格付け、住宅ローン、株式市場などのさまざまな問題を理論的・実証的に分析。


  • 『金融工学の新展開』

    編:高橋 一
    出版社:東洋経済新報社
    発売日:2001/07/03
    ジャフィーが国内外で行った大会で発表されたものをまとめた。刈屋武昭氏、吉藤茂氏、枇々木規雄氏らによる日本の金融工学の最先端の成果を示す5本の論文を収録。金融工学の先端的問題を分析・展開。金融工学の健全な発展と理解は、世界の金融市場で重要な部分を占めている。理論に裏付けられたリスク管理の知識と理解を持つうえで要求される理論的・実証的な分析の成果。


  • 『金融技術とリスク管理の展開』

    編:今野 浩
    出版社:東洋経済新報社
    発売日:1999/12/23
    米村浩、後藤順哉、蜂巣賀一誠氏等による日本の金融工学の最先端の効果を示す7つの論文を掲載。自由化・国際化の中で、銀行・証券・年金・保険・信託などの金融ビジネス環境が激変している。実際の投資や資産運用の意思決定において求められる、情報技術を取り込んだ「金融工学」の理論・実証研究の成果。


  • 『リスク管理と金融・証券投資戦略』

    編:森棟 公夫、刈屋 武昭
    出版社:東洋経済新報社
    発売日:1998/03/19
    金融・証券を取り巻く環境はいま激動の中にある。新しい金融技術や分析手法を展開する金融工学への期待は大きい。機関誌第2号。


  • 『金融・証券投資戦略の新展開』

    編:森棟公夫、刈屋武昭
    出版社:東洋経済新報社
    発売日:1995/09/14
    債券・株式等の金融資産価格の変動を分析する手法は、近年急速に発展している。この分野の理論・実証研究を収載したJAFEEの機関誌創刊号。